時代はテレワーク。【オフィスはもういらない?】

Thought

こんにちは、リュウヘイです。

現在はコロナの件で「テレワーク」が推奨されており、多くの企業が実際に取り入れています。

「GMO」という会社では、テレワークにしても会社の売り上げが減らなかったらしいです。中には時代の流れに乗っている会社は売り上げが伸びているのも現実です。既にIT企業とかはオフィスはいらないと感じています。

そして間違いなくですが、出来たら場所にとらわれないで仕事をしたいですよね。東京の朝から満員電車に毎日揺られて出勤しているサラリーマンとかは特にそう思うかなと思います。

 

テレワークって何?

テレワークとは、情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。

※「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語

テレワークは働く場所によって、自宅利用型テレワーク(在宅勤務)、モバイルワーク、施設利用型テレワーク(サテライトオフィス勤務など)の3つ分けられます。

自宅利用型テレワーク(在宅勤務)

自宅にいて、会社とはパソコンとインターネット、電話、ファクスで連絡をとる働き方。

モバイルワーク

顧客先や移動中に、パソコンや携帯電話を使う働き方。

施設利用型テレワーク(サテライトオフィス勤務)

勤務先以外のオフィススペースでパソコンなどを利用した働き方。一社専用で社内LANがつながるスポットオフィス、専用サテライト、数社の共同サテライト、レンタルオフィスなどの施設が利用され、都市企業は郊外にサテライトを、地方企業は都心部にサテライトを置く。

 

とまあ。テレワークはざっくりこんな感じ。

 

テレワークはとにかく生産性が良い

では、さっそくまとめていきます。

移動時間がない

  • 家から駅まで歩く時間
  • 電車の待ち時間
  • 電車での移動時間

このように外出すると色々な所で時間を奪われてしまいますが、在宅で仕事が出来ると移動時間は皆無です。

強いて言えば、階段の昇り降りくらい。無駄な移動時間を省くことにより、生産性が向上しました。

着替えなくて良い

外出するとなると、洋服を着替えなくてはいけません。
それにくわえて、整髪や化粧といった時間も必要となります。

サラリーマンとはではスーツとかです。夏とかは本当に地獄です。

しかし、家にいるとどうでしょう?
ずっとパジャマで過ごすことができます。

僕はサッカーの洋服を着て、大変快適なファッションで生活ができています。その服装のままランニングにも行けるので本当に良い。

ここですこし小話があります。
いまや知らない人がいないFacebook創業者のマーク・ザッカーバーグは次のように言っています。

Facebook CEOのマーク・ザッカーバーグ

「なぜ毎日同じTシャツを着ているのか?」に答える。

「できるだけ決断の数を少なくしたい。
朝食に何を食べるかとか、どんな服を着るかとか
そういう小さい決断は、エネルギーを消費する」

と述べた。

寒くないし、熱くもない。自由!

日本の冬はとても寒いですが、電車ではガンガン暖房がたかれています。

逆も然りで、夏は外は暑いけど、中は半袖だと若干肌寒い時もありますよね。

オフィスでも同じことが言えますが、部屋の温度が自分に合わなかったりします。
このようなことで体力を消費することはとても悲しいことです。

しかし、家にいるとリモコンを操作するだけ。

暑いと感じたら暖房を切ります。寒いと感じたら暖房をつけます。
たったこれだけで、自分に最適な空間を作り出すことができます。

もう本当にそれだけあれば家から一生出なくても幸せになった気分になれますよね。

暑かったり、寒かったりしたら集中できないですからね。
だんだんと家でひきこもることの素晴らしさが伝わってきたのではないかと思います。

集中できる

オフィスにいて不思議なことがあります。
それは、イヤホンをつけている人が多い点です。

そう言う人に話しかけると、

集中する為だよ

って言ってくる人結構いたりしますよね。

でも、これって不思議なことです。
本来のオフィスの役割は、集中して効率的に仕事を行える環境を提供することだと思います。
しかし、多くの人はイヤホンをつけないとオフィスで集中できません。

実家でひきこもりをしている場合は、基本的に無音の環境です。
気が向いたら、イヤホンなど使わずにスピーカーから音楽を聞いています。
実家でひきこもりをすることは耳にも良いのです。

そう言う事を言っていると、

家だとゲームがあって誘惑されるよ

ドラマとか映画とか見ちゃう

って言ってきたりしますよね。

結論として、排除すればいいじゃないですか?

ゲームもテレビも人生良くするためには必要ないです。なんならYouTubeでテレビも見れます。ゲームもテレビももう少し豊かになるまで待ちましょう。

 

メリットばかりではありません。勿論デメリットもあったりします。

テレワークのデメリット

僕はこれだけかなとぶっちゃけ思ってます。

対面ミーティングの生産性にはかなわない

今はSkypeやzoomなどのおかげで世界中に無料で通話ができます。
しかし、通話だとどうしても伝わりづらいことが多々あります。通信障害などもあるので。

もしスーパーエンジニアの方がこの記事を読んでいたらお願いがあります。
バーチャルで遠隔にある人と対話できるサービスを作ってください。
イメージとしては、ボタンを押すと、相手の幻像が現れて、対面と同じクオリティで会話できるようなサービスです。

いろいろと研究は進んでいそうですが、これが実現したら世の中からオフィスがなくなる日も近いと思います。
東京にあるビルをすべて潰して、すべて自然にしたら快適になりそうですね。満員電車も無くなります。

でもテクノロジーの進化は本当に目まぐるしいので、そう遠くない未来はありえるかもです。場所にとらわれない働きを身に付けておくと時代に対応できそうですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました