田舎にいるな!都内へ来た方がいい話。【経験者が語ります】

College

こんにちは、龍平です。

しばらく空いてしまったのですが、ブログもしっかり更新していきます。

最近暑くなって来て、たまに田舎の涼しいところに行ってゆっくりしたいなと思っています。ですが、田舎出身の僕は大学進学と同時に東京へ来て人生が驚くくらい変わりました。

今回は田舎に住んでいる人向けの記事です。都内出身の人は価値観が合わないのでおそらくつまらないと思います。

早速本題に入っていきます。

 

田舎にいるな!都内へ来い!

僕も田舎出身です。

この写真ほどではないですが、本当に田舎です。

 

出身地公開

ごめんなさい、軽く僕の出身地を公開します。

ズバリ、群馬県藤岡市!!!

「え、どこ???」

って思った方が大半だと思います。

藤岡市(ふじおかし)は、群馬県の南西部に位置する

https://ja.wikipedia.org/wiki/藤岡市

群馬県自体が田舎なのに、その中でも田舎の小さい市で生まれ育ちました。

スタバなんてありません。マックもケンタッキーも1つで電車も1時間に1本で3両編成。

こんな感じのゆったりしたちゃんとした田舎町です。

気になる方は後で調べて見てください(多分面白くないかもですが)

 

大学進学で東京へ上京

すいません。体験談なので僕の話ばかりになります。

僕は5人家族の次男に当たります。

両親は高卒で地元に就職、兄も高卒で地元に就職。

大学進学どころか、東京に上京なんて眼中にないような家庭。僕が第一陣で久保家の歴史を塗り替えて進学&上京を決めました。

そこから僕の人生が大きく変わる事になりました。

東京の大学(駒澤大学)に進学した理由は

✔︎ 都会に憧れていたから

✔︎ やりたい事がなかったから

✔︎ 先輩が通っていたから

✔︎ 大卒だと給料が良さそうだから

✔︎ 自由そうだったから

いわゆるなんとなくですね。

 

最初は苦労!でも成長できる!

苦労した事をまとめます。

  • 料理が出来ない
  • 貯金もない
  • バイト経験0
  • 友達いない
  • 履修の組み方分からない

こんな感じ。1つずつ解説します。

 

料理が出来ない

一切してきませんでした笑

なのでクックパットを見ながら、ハンバーグを作った記憶があります。

今までは母親がしてくれていたので、母親の有り難みを改めて知る事が出来ました。

当たり前が当たり前ではないと気づかされましたね。

 

貯金がない

バイトの経験がないので貯金はお年玉の余りくらい。

そのお金で速攻で通学に使う自転車を購入して貯金0になりました。

お金の余裕はあった方が絶対良いですね、、、。ですがお金が無かったので、バイトを早く見つける行動力は出たと思います。

人間追い込まれたらなんとかなるものだと実感しました。

 

バイト経験0

お金がないけど、バイト経験も0でした。

とりあえずタウンワークで

  • 家からの距離が近いか
  • 時給1000円以上か
  • 賄いは貰えるのか

これらを基準に適当に応募。特に賄いには助けられました。

なんとそこが即日採用で翌日から働けて、給料も月末締めの翌月5日払い!

ですが、初めてのバイトなのでとりあえず覚えが悪かった・・・。ぶっちゃけ何回もやめたいと思いましたが、「ここで辞めたら何も続かない」と思い、2年も続きました。

今では感謝しているバイト先です。たまに食べにいきます。

詳細はこちらです!美味しいので行って欲しいです。

https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131708/13008128/

 

友達いない

田舎から来たので友達も0人です。

そこで僕が行った行動がこちらです。

  1. Twitterで交流を図る
  2. サークルの新歓に行きまくる

①Twitterで交流を図る

【#春から駒沢】で検索して新入生をひたすらフォロー。鬼のように繋がりが出来て、中にはイベントを開く人もいました。

②サークルの新歓に行きまくる

興味のないサークルの新歓に行きまくり、同じ学部の友達を量産していました。

 

こんな感じで大学は特に最初のスタートダッシュが大事。女の子とか特にグループとか作るので超重要。僕が大成功して友達沢山作りました。

履修の組み方が分からない

自分はどれを学びたいのか?どれが楽でどれがきつい講義なのか?友達で受ける人はいるのか?抽選とは何か?いつまでに決めなきゃいけないのか?

もう分からない事が分からない状況でした。

ですが、ここでサークルの先輩が重要になって来ます。

楽な単位を中心に色々と教えてくれるので、やはり新歓に行きまくるのは超効果的なのでやっった方がいいですね。

 

きついのは最初だけ!

入学の4月が本当にきついです。

ですがここを乗り越えたら超楽しい生活が待っています。

確実に環境適応能力コミュニケーション力はつくと思います。

そしてなんとなく入学した僕が4年後にどうなったのか?というと

✔︎ 就職をせずにフリーランス

✔︎ 数百名とのご縁に恵まれる

✔︎ 海外旅行に沢山行けた

など多くの経験、出会いが沢山ありました。田舎から東京にきて人生が変わりました。

 

 

田舎にあって都会にないもの

・手つかずの自然

・澄んだおいしい空気

・おおらかさ

・人と人との結びつきの強さ

・目を疑うほどのきれいな星空

・静けさ

・人々の素朴さ、子どもたちの純真さ 等々…

都内では多くの人関われる分、田舎では一人一人の結びつきが強いのが特徴です。また悩みとかも忘れるくらい壮大な自然と空気の美味しさがたまらないですよね。

リタイア後も近くの田舎で静かに暮らしたいと考えています。

 

人生で一度は都内で出た方がいい話

ここまで話して来てわかったと思います。

都内に来る前の思考

→なんとなく良い企業に就職して安定して生きよう

 

都内で4年間過ごした後の思考

→常に学び続け、理想とするライフスタイルを確立するためにフリーランスの道へ。

自分でも思うのですが、思考が180度変わりました。こんな人生を歩むなんて思っても見なかったです。そういうチャンスや出会いが都内には転がっています。

 

ただし、来ただけでは変わりません

どう行動していくのか?で初めて成長するし変化が見られます。

なんとなくで物事を捉えてしまうと長続きしません。大学も辞める人が沢山います。

こちらの記事を読んで見てください。

これから新生活の人にはぜひ読んで頂きたい記事です。

今回はこれで終わりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました