【有益です】コンテンツマーケティングの基本【価値提供してファンを増やす】

こんにちは、りゅうへいです。

コンテンツマーケティングを行なっていく際に気をつけていることってありますか?

結論、今日話すことを実践して、コンテンツ制作を行えば、100%ファンができて売りあげが上がること間違い無いです。そのくらい有料級のことを今日は書いていきますので最後までご覧になってください。

・コンテンツ販売している人
・これから自社製品販売を行なっていきたい人

上記の方は参考になるかなと思います。

では、本題に入っていきます。

目次

そもそも、価値提供とは?

相手の悩み解決です。

究極の価値提供とは?

相手を理想の人生につれていくこと。

動画編集で5万稼いでいきたい。という悩みを持っていたら、「動画編集で5万稼げる方法」を教えてあげる。

簡単にいうと、上記のようなことです。

ですが、「稼げる方法」と言っても、具体的にどうやってしていけばいいのか分からないと、コンテンツは売れません。これからはどうやってコンテンツを作っていけばいいのかを解説していきます。

完結型メディアを作ろう

完結型メディアを作ろう。

完結型メディアとは、理想の未来に辿り着くまでの情報が全て詰まっているメディアです。

動画編集で、月5万円稼ぐ方法教えます

どうですか?怪しく無いですか?笑

なぜ、怪しいのかというと、「月5万円に辿り着くまでの情報が全く詰まっていないから」です

これでは、コンテンツは売れません。
大事なので、どうやって辿り着かせるかをお客さまに理解させて確信を入れさせること。

では、完結メディアはどう作っていけばいいのか?

完結型メディアの基本構造

大きな木を想像してください。

木はどうやってできているか?

根→幹→枝→葉

という風に、どんどん細分化されていますよね。

完結型メディアはこの通り作っていけばいいだけです。

根っこの部分

根っこは、木を支えている一番大事な部分。
ここが弱ければ木は折れます。

完結型メディアで言うと、ここは「なぜ私たちがこの事業をやるのか?」の想いやビジョンの部分です。

動画編集で月5万円稼ぐ方法の例で言うなら、「私がなぜ、このコンテンツを提供するのか?」「プロフィール、経験、どんな思いでメディア運営をしているのか?」の部分です。

ここが強ければ強いほど、完結系メディアは売れやすくなります。変な話、想いが強いだけで売れる場合があります。

まあ、あまりよろしくない商材販売をしている方も多いです。ネットワーカーとかここの根っこの部分が非常に強いですね。

幹の部分

「あなたを理想の未来に辿り着かせるために必要な要素」です。

例えば、「基本STEP」「ぶつかる壁は?」など。

動画編集の例で言うならば、

  • プレミアプロの基礎スキルを身につける
  • ポートフォリオを作成する
  • 徐々に単価を上げていく
  • 1本1万円×5本で月5万円達成

ですね。イメージはできますよね。

枝の部分

「大きな学習要素」を指します。

  • プレミアプロのスキル
  • 編集の演出
  • 営業スキル

などの部分。さらに細分化をしていくことで信憑性が湧きます。

枝の部分

枝から派生した細かい情報

  • カット、テロップなどのスキル
  • ビジネス風、vlog風の演出
  • 単価UP交渉のコツ、継続案件の取り方

など、枝をさらに細かくしたもの。

動画編集で月5万稼ぐ方法の例

根:子育てをしながらでも在宅で動画編集で稼げるようになって、家族の時間、子供に愛情を注いでほしい

幹:
1.プレミアプロの使い方
2.ポートフォリオ
3.とにかく仕事を受けよう
4.徐々に単価を上げる
5.1本1万円で5万円達成

枝:
1.プレミアプロのスキル
2.編集の演出、作り方
3.営業の仕方

葉:
1.カット,テロップなど
2.ビジネス風、Vlog風
3.DM、単価交渉のコツ、継続案件

と、まとめることができます。

月5万円稼げるのはわかったけど、具体的にどうやるのか知りたいな

これがお客さまの本質的な悩みです。
この悩みを解決してあげることが価値提供です。

コンテンツを作成する際に、上記のように4つに分けて作っていくことで具体性が増して、悩み解決できる完結型メディアが出来上がります。

悪用厳禁です。枯れ葉など作った途端、クレームなどに繋がります。

追記:お世話をしてメディアを育てていこう

これは「木」です。

なので放っておくと、枯れてしまい、消滅してしまいます。

なので、定期的に日光に浴びさせたり、お水をあげてあげてください。

要は、「メディア育成」です。

・毎月勉強会を開催する
・外部の講師を呼ぶ
・定期的にオフ会を開催する
・コンテンツを増やしていく

などしていく必要があります。
そうすることで、長く生き続ける木を作ることができます。

もちろん、最初に購入してくれた方が損してしまう場合はもあるので、徐々に値上げしていくのもあり。質が良くなる=価値提供できる幅が増えた、ということ。

価値とは、「価格に値する」と書きます。
値上げはして当然です。

大きな木を育てていきましょう。

価格は高い方が、質の良いリストが集まります。逆に、安い方がリストの質は低いです。価格設定は非常に重要なのでしっかり考えましょう。

まとめ

いかがでしたか?

ぜひ、これからコンテンツを作るという方は参考にしてください。

売る際には、ライティングやSNSなど活用します。コンテンツを作ってもそれを認知してもらえないと売れません。

一つずつ、積み上げていきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次