ライバルを消す方法【周りと逆張りの選択をし続ける】

こんにちは、りゅうへいです。

ビジネスをしていると、やはりライバルが存在します。なので、アンチマーケティングをして顧客を誘導して喧嘩するなどもよくある話。ですがそれがビジネスの世界。

基本的には「パクる」の連続体ですからね。より良いものを作って認知を広めれば売れてしまう話。

というわけで、今回はそんなライバルを少なくするとっておきの方法を伝授します!

僕の逆張り戦略
・就職しないで独立
・Lステップを学ぶ
・海外一人旅に出る
・日本のタブーを無視
・個人で商品販売をする

人生の逆張り理論です。
僕の実体験を公開しつつ、解説します。

目次

人生で逆張りすると、競合が消える話

結論、逆張りだと競合が消えます。

逆張りの経歴と結果を公開します。

僕の逆張り戦略
・就職しないで独立
・Lステップを学ぶ
・海外一人旅に出る
・日本のタブーを無視
・個人で商品販売をする

普通に考えると怪しい人ですよね。ですが裏には戦略もあります。

僕の逆張り戦略
・就職しないで独立→会社で成長は神話だと思った
・Lステップを学ぶ→日本に1000人もいない
・海外一人旅に出る→価値観が広がりブランディングにもなる
・日本のタブーを無視→良くも悪くも目立つ
・個人で商品販売をする→どう考えてもこっちのが稼げる

ざっくり上記のとおりです。
そして、逆張りをする上で最も大切なことは「競合を消す」という思考だと思っています。

オリジナリティーの高いフリーランスになる方法

僕はLINE構築とコンサルが主な収入源です。単価30万円は超えるので、1件でも売れればサラリーマンの月収くらいは行きます。

最近はフリーランスも多いですが、もちろん逆張り戦略をしており、下記のとおり。

・収入をある程度公開
・稼ぐ手順を公開
・無料でコンテンツ配布
・日本のタブーを無視
・個人で商品を販売
・スキルの掛け合わせ

割と意味不明ですよね。ですが、

意味不明なことは、大半の個人&企業は真似できません

逆張りな生き方が、オリジナリティーを生みます。

常に少数派意見を探すこと

要は、少数派になればなるほど、オリジナリティーが生まれるということ。

僕はこれに気づいて、少数派思考を意識するようになりました。

例えば、下記の例。

学校でいじめがありました。ほとんどの人はいじめている人に物申すと思いますが、いじめられている方に何か問題はなかったのか?を考えます。おそらくこっちの思考は少数派かと。

もし、いじめられていた子が、いじめてた子の親戚をバカにした発言をしたのであれば、まあ仕方ない。ってなるし共感も得られると思います。

殺人事件は許されないこと。ですが、容疑者の壮絶な人生を聞くと少し共感してしまったりしますよね。と、まあこんな感じ。俯瞰的に見ることは常日頃意識しています。

常識的に生きていたら成果は出しづらい

ちょっと危険な発想かもですが、大きな成果を出すには逆張り必須です。

逆張りという言葉が正確なのか分かりませんが、人気YouTuberも、行動力がすごいです。

  • ヒカル → お祭りのクジを全て買う。
  • ラファエル → 素手で車を破壊する。
  • DJ社長 → ベロベロで、吐きまくる。

上記のとおり。そして、3名の強みは下記のとおり。

  • ヒカル → お祭りのクジを全て買う。 ※お金が強み
  • ラファエル → 素手で車を破壊する。 ※筋肉が強み
  • DJ社長 → ベロベロで、吐きまくる。 ※パリピが強み

上記の感じで、わりとざっくりな分析ですが、わりかし間違っていないはず。

青汁王子や、前澤社長の「無料でお金配ります」もそうですね。

「え?それやっちゃうの?」をやってしまうわけです。

逆張り思考が成功の鍵とも言えると思います。

徐々にネジを外していこう

最初から大きなことをするのは難しいです。いきなり会社を辞めて、海外に旅に出て、YouTuberになる!みたいなのはリスクありすぎなので、徐々にで大丈夫。

・大学を休学する
・ブログを書いてみる
・ヒッチハイク旅をする
・有料ノートを売る

ここら辺なら難易度は割と低め。まずはここら辺から慣れていきましょう。

僕は40歳を目処に、完全な投資家を目指しています。大半の人が「おれも投資家になる」と逆張りして、たぶん失敗します。理由は資金力

投資家になるなら、元本で5,000万は必須かなと思っています。なので、繰り返しですが、逆張りには論理性も必要です。

論理性のない逆張りだと、ただの「無謀な人」になるだけです。

だから、若い大学生とかがお金を失っているのはこれです。投資系のMLMなんて何も論理性ないですよね。困った話です。

人生で逆張りする際の具体例を紹介

マインドブロックを解除すると、わりと簡単です。

今回はパッと考えた具体例を紹介。

逆張りの具体例を3つ紹介

・顔出しで、貯金額を公開する
・顔出しで、世間の闇を暴く
・顔出しで、女性がエロを語る

もしかしたら、思い浮かぶ顔があるんじゃないかなと思います。特に真ん中は最近有名ですね笑

これが大切なことで、一言でいうと「面と向かって話しづらいこと」かもですね。

お金の悩みとか、女性がエロを語るとかって、面と向かって話しづらいです。かといって、ネットには怪しい情報ばかりなので、顔出しでマジメに語ると、急速に信頼が集まる感じ。

まさに逆張りです。

恥を捨てることでチャンスが広がる

というわけで、誰でも「人に話しづらいこと」とか「コンプレックスなこと」とかってありますよね。
そういったことを、思い切って外に出してみると、その先には綺麗な「ブルーオーシャン(※競合がいないという意味のビジネス用語)」が広がっています。

過去の僕も最初は恥ずかしくて発信活動に抵抗がありましたが、世間は個人をそんなに見てませんし、徐々に慣れます。

全員にオススメできる方法じゃないですが、逆張りの効果が伝わるかなと思います。

ただし、リスクとリターンは比例する

こういった記事を書いていて思いますが、やはりリスクとリターンは、ある程度は比例しますね。

・匿名のSNS→リスクは低いがリターンも低い
・顔出しのSNS→リスクも高くリターンも高い

別に匿名で顔出ししてなくてもお金は稼げますが、顔出しの方が信頼が集まる。ただ、顔出しで変なことをしてしまうと、炎上が待っている。

ですが、僕が思うに、割とノーダメージなんじゃね?と思っています。言葉を選ばずにいうと、法律ギリギリを攻めたりして、どんなに炎上しても、実はノーリスクということ。

例えばですが、YouTuberのヒカルは過去に炎上しました。しかし、いまは復活できています。ラファエルとかも炎上しましたが、復活。秒速で有名な与沢さんとかも、復活してます。

もちろん、みなさん裏では異常な努力をしていると思いますが、とはいえ「炎上しても、すべてのフォロワーは失わないし、むしろ増えるかも」という事実があります。考え方によっては「ネットでは、すべての行動がノーリスク」とも言えますね。

勇気がある人は、挑戦しまくるのもいいかもです。ただし、精神面のダメージは大きいはずなので、要注意です。
というわけで、今回は以上です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次