【鬼便利】配車アプリ「Grab」をご紹介【バンコクで必須のアプリ】

こんにちは、龍平です。

現在、タイのバンコクに滞在しています。超快適です。

とにかく「Grab」が便利すぎます。タクシーだけでなく、フードデリバリーもできて、とにかく安いし早い。日本より確実に使いやすいです。

タイのタクシーは割と怖い人が多いです。英語が話せない、おじさん、観光客のぼったくりは当たり前…。(中には良い人もいます)

ちなみに僕ははじめてタイに来た時は、ぼったくられましたw

そういうのが怖いという人は、ぜひ「Grab」を使ってください。ぼったくりや、言葉が通じないなどの心配がなくなります。

今回はそんなGrabを徹底解説します。

目次

まずはダウンロード

まずはGrabアプリをスマホへダウンロードしましょう。

こんな感じでフードデリバリーも可能ですが、今回はタクシーを手配します。

こんな感じの画面になります。下の赤い点のところに「降りる場所の住所」を入力。

ちなみに、このアプリを使うためには、外でもネットが繋がるようにしておかないといけません。

Grabで車を手配してみよう

それでは実際に、Grabで車を呼んでみましょう。

現在地が今いる場所と合っているか確認し、目的地を入力します。

例えばプロンポンにあるショッピングモール・エムクオーティエから、ワット・ポーまでは128〜192バーツと出てきました。

現在、車の種類が「GrabTaxi」となっていますが、「JustGrab」に変えてみましょう。

「JustGrab」は、タクシーか、登録してある個人の車か、どちらでもいいので一番早く来る方を呼ぶ呼び方です。これだと186バーツ。(※呼べる車の種類については後述します)

妥当と感じたら、「BOOK」を押します。

来てくれるドライバーを探しています。

これが、すぐ見つかる場合もあれば、かなり長い間待たされることもあります。僕は待たされることはほぼなかったです。

見つかりました!!車のナンバーと車種が記載されているので、その車が来るまで待ちましょう。今どこまで来ているのかをGPSで確認することができます。

もし、予定が変わったり、待っている間に普通のタクシーが捕まったりしたら、キャンセルすることも出来ます。

厄介なのが、ドライバーの方からキャンセルすることもできちゃうこと。20分待って、キャンセルされることもあります。ここら辺は海外っぽいですねw

待ち合わせ場所についたけど、会えないときには電話がかかってくることもあります。ですが、タイ語のことが多いです。

その他チャット機能もあって、英語で入力や写真の送信もできますので、近くの建物などを写真撮ってなんとか合流してください!慣れれば全然難しくないです。

行き先指定はGoogle Mapsからがオススメ

行き先指定で、英語で目的地名を入れているのに、うまく表示されないということが多々あります。

その場合、Google Mapsから行き先を指定することができます!

Google Mapsアプリで、ルート検索をしたら、使用交通手段欄の一番右端に、Grabの記載があります。

ここから「アプリを開く」欄を押せば、Grabアプリの方で目的地を入力することなく使うことができます。

Google Mapsの方が、カタカナ対応している建物も多いですし、目的地は探しやすいです。

実はバイクはGrabの方が安い

私は最近バイクタクシーに乗る際に、Grabを使っています。

実は、場所や時間によりますが、流しのバイタクよりも安く済むことが多いんです。

また、Grabで呼ぶバイクだと、運転手さんがちゃんと私の分までヘルメットを渡してくれます。(いや、日本だと当たり前なんですけど、普通のバイタクだとヘルメットは貸してくれないことが多いんです)

僕は爽快感もあって、渋滞時は車よりも全然早いのでバイタクを利用することが多いです。

Grab payを利用するとお得に!

GrabPayの項目をクリックすると、クレジットカード登録画面が現れます。

するとキャッシュレスでGrabを利用することが出来ますし、乗車料金が安く済む場合も多いです。

タイのタクシーってお釣りを持っていないことも多く、細かいお金を用意しておかないといけないので、キャッシュレスで乗れるのは本当に便利。

旅行者の方にもオススメです。

Grabって使ってるとポイントも貯まるんですけど、そのポイントもGrabPay支払いにした方が貯まりやすいんだとか。

まとめ

以上、Grabアプリの説明でした!

移動や食事は全部デリバリー!こんなの日本でできるのはお金持ちだけですが、タイでは全然できちゃいます。なんだかお金持ちになった気分ですw

Grabは、東南アジアを旅行する際には、本当に便利なアプリです。これ日本でも導入すべきですよね。色々と難しいんでしょうけど…。

ちなみに、このアプリを使うためには、外でもネットが繋がるようにしておかないといけません。

Grabをうまく利用して、バンコク生活&旅行を快適なものにしていきましょう〜!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次